コペンカレッジ

ライフ

ノマド必見♪無駄なんて無い!移動時間のおすすめ習慣

  • ノマド
  • フリーランス
  • 働き方
ノマド必見♪無駄なんて無い!移動時間のおすすめ習慣

すごい仕事ができる人って、仕事場まで移動時間30分かからない人が多いイメージありませんか?

でもノマドで働いている人、活躍している人だって、

色々な事情があって、都会と離れた所に住んでいる人がどんどん増えてきましたよね。

 

実は私も、その1人です!

都会みたいに密集している所に住みたくない!緑があるところがいい!!

と日頃から思っている派なので、都内にアクセスしやすい田舎をあ・え・て選んでいます✨

 

通勤電車とオサラバして、働き方や自分のスタイルに、住む場所を選べる!

パソコンがあればどこでも仕事ができるなんて…すごい世の中になりましたよね…ホロリ(;ω;)

 

最近企業もリモートワークを取り入れはじめているので、

そういう働き方をする人が、これからも増えてくると思います(๑˃̵ᴗ˂̵)

171114movement-time02

とはいえ、いくらそんな理想的な働き方をしていても、

どうしても打ち合わせや会議、大事なプレゼンテーションをするために

何時間もかけて移動しないといけないことも当然でてきますっ!

 

そんな時、「移動時間が長いなぁ…」とネガティヴにならず、移動時間を有効に使える方法があります^^

是非試してみてください♡

 

1.メールチェックなどに時間を使える

仕事がメールやsnsのチェックに時間を使うことで、より効率的に動くことができます!

返信だって打てるので、この移動時間…無駄ではないですよ。

私は文字を書くのがけっこう苦手なのですが、ブログの記事を書くことが億劫になってしまうことも多いです。

そんな時は、電車の中で下書きを打って、他の時間に文章を整理すれば、簡単に更新することだってできます!

 

2.頭をリセットできる

もしあなたが日頃仕事のことばかり考えていて頭がパンクしそうになっていたとしたら、

移動時間は仕事のことを考えないようにする時間にもできます。

好きな音楽を聴くなどして頭をリセットしたり、気分転換をしたり

その日会う人に伝えたい内容を整理する時間にだって使うこともできますよね^^

この移動時間はあなたのものなんです。

 

3.アイデア出しだってできちゃう

外の風景をぼーっと見ながら、頭の中でアイディアを練ることだってできます!

特にロゴなどの図形系や、空間系などがオススメ!

Pinterestなどのアプリを使って、ゆっくり調査したりインプットするのもありです^^

閃いたら、小さなノートにささっと書いておくと、面白いアイディアとして採用できるかもしれませんよ!

 

4.読書

勉強の時間を移動時間にあててしまうのもありです!

特に新しい分野・知識として蓄えたい本に関しては、集中しないと読めなかったりします。

個人差はあるかもしれませんが、私は意外と電車の中は集中できるのでオススメです^^

ただ苦手な分類の本は数ページで挫折してしまうので、本選びには注意しましょう。

 

5.歩くことで、運動にもなる

クリエイティブな仕事だと、ついつい運動不足になってしまいます。

そんな時、アクセスしやすい恵まれた環境にいたとしたら、ギリギリまで寝てしまったり怠けてしまいそうなので、ほどほどの距離感にいつも助けられていると思っています^^

気がつくと1万歩超えることも!この移動時間…無駄ではないですよ(2回目)

 

 

いかがでしたでしょうか?

もしかしたら、けっこうプラス思考で捉えているかもしれませんが、

フリーランスで活動しているあの人やこの人まで、意外と離れたところに住んでいることが多いご時世、

せっかくなら住む場所だって移動時間だって、有意義に楽しく過ごしてみませんか(^v^)

 

無理にポジティブになれ!というのではなく、無理なく自分にあった時間の使い方を取り入れられると、

移動時間だってなんだって快適なんです!

もし、ちょっとでも快適じゃない時は、方法か環境が違うのかもしれません。

次の移動時間にゆっくり考えてみてはいかがでしょうか?

 

↓↓この記事もオススメ!

自分のためだけじゃない?フリーランスの健康診断

【働き方】フリーランスLIFE

フリーランスものんびり出来る7つのカフェ紹介!

【働き方】ストレスに耐える働き方が全てではないと思うのです

書いた人

コペンカレッジ/神奈川校校長

上野 藍(うえさま)

神奈川県出身。デザイン事務所にてグラフィックデザイナー・スタジオカメラマンとして働く。上野さんを社長に…と推されたのが将来を考えるきっかけとなり、9年間勤めた会社を退職。現在フリーランスアートディレクターなど幅広く活動中。

新着INFO

資料請求はこちら