コペンカレッジ

ライフ

【働き方】フリーランスLIFE

  • フリーランス
  • 個人事業主
  • 働き方
【働き方】フリーランスLIFE

コペンカレッジの運営メンバーは、ほぼ全員フリーランス・個人事業主として動いています。
そして、受講生の方の中にも、
フリーで働いているという方も多くいらっしゃいます^^


周りのフリーランスの方を見ていて1番良いなと思うことが、時間の使い方。
今日はそんなフリーランスの働き方についてお話していこうと思います。

フリーランスの1日


 

人によって様々だと思いますが、ライターとして働いている私は
多くの場合


・1日打ち合わせをしている日
・家でひたすらにもくもく作業する日


の2つに分けています。


単純作業なら打ち合わせの合間時間でもできるのですが
どうしても何かを生み出す作業
デザイナーならラフや
ライターなら原稿
そういった、0から何かを作り出す作業は
できれば静かな、誰にも邪魔されない場所でないと
作業できないという人も多くいると思います。


他にもたまに、フリーランス仲間と一緒にカフェで仕事する時があるのですが、
そんな状態でも話しかけられると困る時は
「今から集中TIME入ります!」と一言伝えて、
イヤフォンを付け、もくもく作業に入っています★
(だったら1人で作業しろよと言われるかもしれませんが
2・3時間に1回くらいは誰かと会話したくなっちゃうんです。笑)


そんな経緯があるので
打ち合わせする日は、朝から夜まで平均4件程の打ち合わせを入れ
週に1回は、集中して、ひたすら誰にも会わずに作業する日と
意識的に区別を付けるようにしています^^


しかしここで1つ問題が。
あまりに作業日に真剣になり過ぎると、
丸1日言葉を発しないということもザラではありません。
そんな次の日の朝一の打ち合わせは大変!
開口1番が、ものすっごいガラガラ声なので
「風邪でもひいた?大丈夫?」と
心配させてしまうこともしばしば・・・。


作業日の次の日は、朝から発声練習をするクセがつきました。笑

時間の使い方が自由!


 

フリーになると、会社のように出勤時間がある訳ではありません。
故に、全ての時間が自分のもの!!


だからこそ、時間管理はとても重要になってきます。
締め切りのリマインドをするのも自分。
打ち合わせの日時も場所も決めるのも自分。
1日に何時間働くか決めるのも自分。


最初の頃こそ、時間の使い方に悪戦苦闘していましたが
フリーになって1年。
やっと自分に合った時間の使い方、スケジュールの立て方がわかってきました。


もちろん普段はスケジュール通りに動いているのですが
例えば、
昨日夜遅くまで起きちゃった・・・
→明日は10時まで寝ちゃおうかな♡


美術館に行きたいけど土日混んでいるしな・・・
→空いている平日に行っちゃおう!


市役所や病院等、色々な手続きは、窓口は夕方にしまっちゃう
→平日なら基本あいているから、スキマ時間にすぐ済んじゃう!


今日は良い天気だなー
→ピクニックに行って、昼からビールなんて飲んじゃおう★


なんてことも、全部自分次第でスケジュールを立てるからこそ
可能になっちゃう自由なんです^^!

休みの概念がない


 

時間が自由ということにも関係してきますが
フリーランスになると「休み」という概念があまりないように思います。


ライター仲間は「フリーになってから1日も仕事しなかった日なんてないよ」
と言っていましたが、確かに、と思った記憶があります。


私の場合は、多くの友人が土日休みのため
ほとんどの仕事は平日に終わらせるように心がけています・・・が。
どうしても土日でも仕事しちゃうんですよね。
それは、締め切り間近なので仕事しなければという場合もあれば
のんびりするくらいなら、ちょっと仕事進めておこうかな、という場合もあります。


根っからの仕事が大好き人間です。
というよりは、好きなことを仕事にしているから
休みなく仕事をしていても、全くストレスにならない、と言った方が近い感覚です。


会社員時代は、1日の終わりにビールがおいしい!!
なんて頻繁に飲みに出かけていましたが
フリーになってからは、変なストレスを感じないので
半分以下にお酒の量が減りました!びっくり!


カラダにもお財布にも優しいフリーランス生活です。笑


以上、フリーランス歴1年の私が思う
フリーランスLIFEで感じたことでした^^

書いた人

コペンカレッジ広報/講師

木下 花呼(花ちゃん)

茨城県出身 3Dプリンターのメディア運営を通して、最前線で活躍している人たちの生の声を、多くの人に届けられるライターという仕事に魅了されて独立する。 今まで5回の転職を経験し、遠回りしながら自分のキャリアを考え続けてきた中で、行動できずに苦しんでいる女性が自分の力で動き出せるスキルを身に付けて欲しいという想いからコペンカレッジの講師としても活動中。 文章1つで印象が変わる。文字を通して様々な考え方や想いを届けるために、広報としても携わっている。

新着INFO

資料請求はこちら