コペンカレッジ

ワクワク

★コペン裏舞台★〜チーサプロデュース編〜

  • プロデュース
  • 個人事業主
  • 舞台裏
★コペン裏舞台★〜チーサプロデュース編〜

千葉県鎌ヶ谷市には、天然フルーツ酵母を使った

驚くほど美味しいパン屋さんがあります。

その名は「CHIESA-チーサ-

 

今回コペンカレッジではロゴの作成から始まって

ブランディング・名刺・セルフマガジン・チラシ・ケータリングカーの装飾

まるっとプロデュースさせていただきました!


CHIESA-backstage

 

キャッチコピーは『天然フルーツ酵母士が造りだす 春 夏 秋 冬』

天然フルーツ酵母を扱える人は全国でも珍しく

その美味しさは、ベーグルが苦手だった人さえもベーグル好きに変えてしまうほど。

旬の果物から、10日間もかけて作り出されるチーサさんのパンは

今まで食べたことのない、新しい「美味しい」との出会いでした。

 

今日は、そんなチーサプロデュースの裏舞台の一コマ。

このパンの美味しさを

どう伝えようかと考えた結果、丸太の上で撮影することになりました。

CHIESA-backstage1

CHIESA-backstage2

 

こんな風に優雅に撮影の準備をする、千葉校校長ゆっちー。

ですが・・・!

CHIESA-backstage4

CHIESA-backstage3

 

CHIESA-backstage5

 

大きな重い丸太を転がし転がし持ってきて

重すぎるので蹴って立てようとするも立ち上がらず

結局必死に手で立たせたゆっちーの一部始終です。

(※この後もちろん、丸太はしっかりキレイに拭きました!)

 

他にも多数カットを撮るため

何度も何度も丸太の上の商品を入れ替えるゆっちー。

中腰が辛そうです(>_<)

CHIESA-backstage6

 

でも、おわかりいただけますでしょうか、この笑顔!

『あ、ステキだな』と思ってもらえる作品や商品の裏にはきっと

少しの苦労と、たくさんの笑顔と、楽しい!応援したい!の気持ちが

たーっくさん詰まって作られているはずなのです(^^)

CHIESA-backstage7

パンの周りにはグレープフルーツやオレンジにイチゴやぶどうまで。

フルーツ酵母を連想してもらいやすくたくさんの果物も敷き詰めてみました。

 

デザイナー・カメラマン・ライター・空間デザイナーと

コペンカレッジメンバーをフル動員して行われた

CHIESA-チーサ-の個人事業主プロデュース。

 

ハンドメイドマーケットでは、早々に売り切れになるほど

好評をいただけているようでとても嬉しかったです。

何より、この美味しさを知らなかった人たちへ

チーサさんのパンがどんどん全国各地に届くようになったことがとっても嬉しいです。

 

みなさまもぜひ、この美味しさを味わってみてください!

 

CHIESA-チーサ-

URL:http://chiesa.jp/

 

書いた人

コペンカレッジ広報/講師

木下 花呼(花ちゃん)

茨城県出身 3Dプリンターのメディア運営を通して、最前線で活躍している人たちの生の声を、多くの人に届けられるライターという仕事に魅了されて独立する。 今まで5回の転職を経験し、遠回りしながら自分のキャリアを考え続けてきた中で、行動できずに苦しんでいる女性が自分の力で動き出せるスキルを身に付けて欲しいという想いからコペンカレッジの講師としても活動中。 文章1つで印象が変わる。文字を通して様々な考え方や想いを届けるために、広報としても携わっている。

新着INFO

資料請求はこちら