初心者デザイナーにおすすめ勉強法!デザインを真似してみよう♪

女性クリエイターのためのコミュニティ「STUDYROOM」では、毎月1回勉強会を開催しています。

今月10月の勉強会は「真似してつくってみよう!」でした。

 


 
Illustratorが少し触れるようになって、色々と自分でデザインをつくってみるけど「なんか素人臭いんだよなぁ…」って思うことありませんか?私も以前は同じ悩みを抱えていました。

そんな時、会社の先輩から教えてもらったのが「デザインをトレースする」という勉強法です。

 
やり方は簡単!
好きなデザインをIllustratorに配置し、透明度を下げ、その上からデザインをトレースしていくだけです。
作業的には簡単に思えますが、実際にやってみると、とーーーーーーっても発見があります!
 

初心者は、パッケージデザインからスタート!

まず、デザイントレース初心者の方は、パッケージデザインから挑戦してみましょう!パッケージデザインはチラシなどと違って中に入っている情報が制限されていて、トレースしやすいのでオススメなんです。今回も生徒さん2名は、パッケージをトレースしました。

めっちゃ上手にお菓子の袋がトレースできてます!

 

次の生徒さんはアロマのパッケージにチャレンジ!

上がお手本で、下がトレースです。

パターンの柄を変えてみることで、オリジナル感がグッとUPしました^^

 

パッと見て大したことがないレイアウトに見えるかもしれませんが、本人曰く「一番下の行が段違いに難しかった」とのこと。よくみると、この行だけ文字の縦横比が思いきり縦長になってますし「e」だけ大きくデザインされています。凝った文字組ですね。この1行がある事で、他の部分はシンプルで単純なレイアウトにも関わらず高級感や上質さが感じられるのかもしれません。
 
世の中にある多くのパッケージやその他のデザインは、プロのデザイナーがきちんとレイアウトを整えて世に出したものです。ふっと目に留めるだけだと気にも留めない部分が、実際にトレースするととてもよく理解できます。
そしてこのデザイントレースを続けると、自分の中に「デザインの引き出し」が、どんどん出来ていきます。そして「正しいレイアウト感覚」が養われていきます。
 

慣れてきたらチラシなど情報量が多いものにも挑戦!

コペンメイトの大村さんはパッケージに挑戦したことがあったので、今回はチラシのトレースに挑戦!


タイトルや小見出しのデザインの仕方、色のひき方など細かい部分がとても参考になったと言っていただきました♡
 

子供がいても講師ができる!

今回は常連の生徒さんばかりということもあり、ゆのぴと同席で講師をやらせていただきました。
ゆのぴは皆んなの作品を興味深そうに眺めたり「あーーー」とか「うぅううーー!」とか唸ってましたが、生徒さんが皆んな「可愛い〜♡」と愛でてくれる方ばかりで本当に助かります。

これは子供の性格や当日の機嫌などにもよるとは思いますが、なるべく私はお仕事に子供を同席させ「子供がいる環境でも仕事ができる」「子供と楽しみながら働く」という状態をなるべく具現化できるようになりたいなと思っています。
数日後には東京商工会議所の交流会に参加しますが、そこにも子供を連れていくつもりです。最初は断られたのですが、「大人しくしています」「場所もとりません」「子供用の設備が整ってなくても大丈夫です」と、なんとか上司に掛け合ってもらい、参加OKをいただきました!
こうやって少しずつ「ビジネスの場に子供がいてもオーケー」な空気が出来ていけばいいなぁと思っています!!
 
 
後半少し話が逸れましたが(笑)、今回ご紹介したデザイントレースは誰でもできる勉強法なのでぜひやってみてくださいね〜!そして完成したらぜひ見せて欲しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です