私にもできるかも!世界観クリエイター平塚麻美さんのこれまでとこれから(1/2)

きっかけは自身の結婚式。現状の働き方に疑問も。

 
今年クリエイターとして実践を多く積み、急成長を遂げている平塚麻美さん。講座を受講しようと思ったきっかけを教えてください。
 
平塚さん:デザインを勉強しようと思ったきっかけは、自分の結婚式でした。自分で可愛い招待状を作りたいと思ったのですが、wordやexcelでは思うように作れず、調べてみるとIllustratorというソフトを使わないと本格的なものが作れないことがわかりました。ネットで調べてみるけど難しそう!そんな時に、インスタグラムでコペンカレッジの姉妹ブランドのBridesmadeweddingがデザイナーになる講座を新しくオープンしていることを知り、すぐに説明会に参加しました。そこでプロデューサーの緒形さんが初心者でデザイナーになったことを知って、私にもできるかも!と思い講座受講を申し込みました。また、看護師としての働き方に疑問を持っていた時期でもあったので、『女性の働き方を応援する』というコンセプトと、講師の方々がそれを実践していることに惹かれたのも受講の決め手でした。

 
受講前に見よう見まねでwordで作った招待状。このままでも充分楽しいけどもっと自分の力を試したいとモヤモヤしていた
 

デザイナーの卵にとって必要なもの

 
緒形に憧れてデザイナーを目指してみようと言う異業種の方はかなり居ますね。平塚さんもその一人だったんですね。実際にコースを受講してみてどうでしたか?授業の内容やフォローアップなど生徒さん目線で教えてください。
 
平塚さん:Bridesmadeweddingは計5日間の短いコースですが、1日講師の方がつきっきりで授業を行ってくれます。ソフトの操作の基礎からデザインのポイントまで手取り足取り。授業中は途中わからないことがあってもすぐに質問できる環境なので、「ついていけなかった!」ということがないので安心でした。家での復習は必ず行っていましたが、テキストがわかりやすいので、後から「これなんだっけ?」という心配もありません。今でも時々テキストに戻るくらい内容が充実しています。また、適宜課題と添削が設定されていたので、復習にもなるし授業のテクニックを使って自分のオリジナルのデザインを添削してもらえるので勉強になりました!また一緒にスクールに通った仲間とも仲良くなれます。実際に現在デザイナーとして活動している人ばかりなので、活躍に刺激をもらえたり、相談したり、一生の仲間ができました。


初級講座修了後にデザインしたメニュー表。ここからデザイン漬けの日々が始まった。

怒涛の5日間を終え、ついにクリエイターデビュー!かと思いきや…

卒業発表時のデザイン。初めてのプレゼンにも挑戦。
 
 
コース受講で実践で積み、未来のイメージがより明確になった平塚さん。クリエイターになるまでのエピソードを教えてください。
 
平塚さん:
講座を卒業して、デザインの仕事をしよう!ってなった時に初めにぶつかった壁は集客問題でした。
インスタグラムでサンプルを投稿してみますが、反応はなく、営業もしたことがなかったのでどうやって集客すればいいのかわからない日々が続きます。
また、授業でソフトの使い方を知ることはできますが、実際のお客様との対応は制作費の付け方や提案の仕方、デザインの修正などの対応などわからないことが多く、修正回数が重なったり、制作費がかなり低くなってしまったりとうまくいかないことが多かったです。
単価を安くしすぎて、名刺デザイン1000円で請け負っていた時も。笑
 

順風満帆のように見えた平塚さんのクリエイターライフ。そこから脱したポイントとは?

 

インタビュー後半へ続く>>

 

1/2

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です