コペンフラップ利用者インタビュー:前田様

グラフィックデザイナークラス卒業 前田様

コペンフラップでお仕事をした卒業生にインタビューをさせていただきました。コペンカレッジ旧コース「グラフィックデザイナークラス」卒業生の前田幸子さんにご登場いただきます♪

コペンカレッジを卒業した後どんな点が不安でしたか?

講座を受け、グラフィックデザインの基礎的スキルは身についたので、フリーランスを目指して実践経験を積みたいと思う一方で、いきなりお仕事として案件を受注することにかなりの不安を感じました。また、前職は全く違う業種だったこともあり、デザイナーのツテもない中、仕事を獲得することができるのだろうかと途方に暮れるような気持ちでした。

コペンフラップの仕事は一人でする仕事と何が違うと感じましたか?

フラップでは、個々のデザイナーのレベルに合わせた案件を紹介していただけるので、安心して仕事を引き受けることができます。何より、ディレクターの手厚いフォローがあるので、勉強しながら実践経験が積めることが魅力です。というか、私はフラップなしにはフリーランスを目指す道は見えませんでした!卒業から独り立ちまでをスムーズに繋いでくれる、必要不可欠な存在です。

どのお仕事が印象的でしたか?

初めて本格的な仕事として任されたフォトテンプレートのデザイン案件は、強く印象に残っています。お仕事なので粗相のないようにと意気込んでいたのですが、卒業したての新米デザイナーなので、デザインスキルは初心者レベル、データの取り扱いなどの基本的なマナーも身についておらず。。ディレクターには、デザインの相談からスキル面のフォロー、仕事のマナーや常識など、多くのことを教えて頂き本当にお世話になりました。失敗をして何度も落ち込みましたが、着実にスキルアップしていきたいので、失敗からたくさん学ぶとともに、ディレクターにも貪欲に質問しました。フリーランスの先輩であるディレクターに質問できるのはとても貴重です!いつも丁寧にお答え頂き、私の成長を応援してくださるので、とても心強く励みになります。

一番自分が成長したと思うポイントは何ですか?

グラフィックデザイナー養成講座で一番印象に残っている言葉は、「センスは誰でも勉強次第であとから身につけられる!」デザイナーに憧れつつも、「私は直感的にデザインが浮かばないし、センスにも自信がないし、向いてないのでは」と思っていましたが、デザインは直感的にするものではないと知り、衝撃を受けるとともに希望が見えました。それからは、良いデザインをたくさんインプットしています。今まで空っぽだと思っていた自分のデザインセンスが、目を肥やすことでどんどん蓄積されていく感じがとても楽しいです。また、デザインはコンセプト決めが大事だと知り、コンセプト決めまでに頭をフル回転しています。前職は金融系の企画業務をしていたのですが、目的や課題を洗い出して、解決策を探る手順はデザイナーも一緒。これまでの社会人経験が無駄ではなかったなぁと嬉しく思い、自分の得意分野は伸ばしていきたいと思っています。

これからチャレンジしてみたいお仕事は何ですか?

フラップでは大手企業からも案件を受注しているので、多くの人に自分のデザインを見てもらえるような仕事を経験してみたいです!また、コーディングも学んだので、ゆくゆくはWEBサイトを一人で受注できるレベルになれるよう、WEB系の仕事にもどんどん挑戦していきたいです。

卒業してからもプラスαでWEBのスキルを身につけたり、イラストに取り組んでみたりと積極的に取り組む幸子さん!これからも一緒に成長していきましょう^^