コペンフラップ利用者インタビュー:大野様

Bride’sMadeWedding卒業 大野様

コペンフラップでお仕事をした卒業生にインタビューをさせていただきました。コラボスクールの「Bride’sMadeWedding」卒業生の大野まゆみさんにご登場いただきます♪

卒業した後どんな点が不安でしたか?

人材業界や人事のお仕事をしていたこともあり、フリーランスとして安定的に収入を得られるようになるまでの大変さ、難しさは理解していましたので、今後自分が本当にデザイナーとしてやっていけるだろうかという漠然とした不安はありました。実績もコネクションもない状態からのスタートだったので、特に営業面についての不安が大きかったです。
幸いだったのは、同じ講座を受講した同期同士仲が良く、卒業後も情報交換したり営業アイディアを出し合ったりと気軽に相談できる相手がいたこと、また受講中お世話になった方やその方からの紹介でお仕事のご相談をいただいたりと、完全に一人でのスタートでなかったことです。

コペンフラップの仕事は一人でする仕事と何が違うと感じましたか?

一つの案件に対し、自分以外のクリエイターさんとチームを組んでするお仕事も多いので、他の方のお仕事や制作物を間近で見ることができとても刺激を受けています。
またフラップさんのお仕事ではディレクターの方から自身の制作物に対して客観的なフィードバックをいただけるので、一人で仕事をしている中では得られない気づきがあるのも大きな違いかなと思います。

どのお仕事が印象的でしたか?

卒業して間も無い頃にコペンカレッジ講師の方から依頼いただいた、ウェディングアイテム用のイラスト制作のお仕事です。デザイナーとしての自分の方向性を決めるきっかけともなったお仕事だったので、印象深く感じています。
元々学生時代は美術科でカレッジに通う前も趣味でイラストを描いたりしていましたが、デザイナーとして仕事をしていくにあたって特にイラストを活かそうとは考えていませんでした。
カレッジの卒業発表で一部に手描きイラストを使っていたのですが、講師の方がそれを覚えていてくださってこの仕事をいただきました。その後納品したイラストを見た別の方からイラスト制作やイラストを使ったデザインのお仕事依頼が次々来るようになり、イラストの需要に驚くとともに、それまで趣味でしかなかった自分のイラストがデザイナーとしての強みになるんだと気づくきっかけになりました。

一番自分が成長したと思うポイントは何ですか?

イラスト関連のスキル、特にデザイン素材を一から作れるようになったことかなと思います。
以前はデザインの際に素材集を活用することも多かったのですが、100%イメージ通りの素材を見つけるのってかなり大変で、苦労していました。
卒業後受講したスキルアップ講座でアナログイラストを素材にするテクニックを学んでからは素材探しの苦労が激減しました。また最近はiPadにハマっていて、アナログ風の手描きイラストをフルデジタルで制作する方法も身につけたので、制作の幅が広がっています。
とはいえまだまだ研究中な部分も多いので、今後もどんどんスキルアップしていきたいです!

これからチャレンジしてみたいお仕事は何ですか?

チャレンジしたいことは山ほどあるのですが、今後は「ものをつくる」だけでなく、商品づくり、サービスづくりなどもっとクライアントの事業やサービスに深く関わる仕事をしてみたいです。

イラストといったらまゆみさん!という程コペンフラップにとっても欠かせない存在となっています^^これからも沢山一緒に成長していきましょう〜!