デザインを勉強するならまずは手に入れたい!Illustrator!


こんにちは!
Copen Collegeの緒形です(^^)
今回はデザイナーがよく使っているIllustrator(イラストレーター)
というソフトのご紹介をしたいと思います!
私もこのソフトが使えるようになりたくて、
「イラレ 教室」とか、「Illustrator教室」などとよく検索をしたものです!

Illustratorってなに?
「イラレ」や「Ai(エーアイ)」と略してる人も多いですね。
Aiは初めての方には馴染みがないかもしれませんが、Adobe illustratorの
Aとiの頭文字を取った呼び方なんです。

 イラストレーターで作ったデータを保存すると、「.ai」という拡張子で保存されます。
何かデザインをしてデザインという名前で保存すると「デザイン.ai」という名前になります。
デザイン関連の仕事をするためには必須のソフトなのですが、
●チラシや名刺、パンフレットの作成
●Webのバナーやホームページ制作用の素材を作る
●ロゴやショップカードの作成
●パーティーグッズの作成
●シールや、マグカップ、雑貨などの作成
他にもできることはたくさんあります!!
私が、Illustratorってすごい!と思ったのはバースデープランナーのイベントの時に、
デザイナーさんが会場の見取り図を「ササッ」とIllustratorで描きあげて、ガーランドや、
ペーパーポムなどの飾りに実際の色をつけて、どんどん配置していた時です!
▼こんな感じ↓


あのとき、Illustratorができるようになりたい!!と強く感じました。
IllustratorもAdobeのサイトから購入ができます。
▼AdobeのHPはこちら
https://www.adobe.com/jp/products/illustrator/beginner.html
タイミングによってはこの価格よりも安く買えることもありますので、
購入をご検討の方はこまめにサイトをチェックしてみてください♪

Illustratorでできること
デザイナーさんによっても使い方がぜんっぜん違いますし、できることも本当にたくさんあります!
今日は、使えるようになってよかった!!
と思う機能についてご紹介します(^^*)

「手書きのデータを加工して使う」
デザインをしていると、ちょこっと素材が必要な時や自分で書いた文字を取り入れたい!と思う
場面に遭遇します。
先日、コペンカレッジのみんなで「モダンカリグラフィー」のワークショップに参加しました。
手書きで素敵な文字が書けてしまうスキルなのですが、今Weddingのデザインなどで取り入れられている
ことも多く、ぜひこれを活かしたデザインが作りたい!!
と思いました!
▼こちらが手書きで描いた文字↓


もちろん直接ウェルカムボードに書き込んでもいいのですが、
データにしておくと、色の変更や、ちょっとした失敗もごまかせちゃう!!w
こんな風に、ウェルカムボードにしてみたり、


クリスマスのデザインも手書きの文字を加えて、色のパターン違いを楽しみました!!



 インスタにあげる画像にも手書きでエッセンスを♥

デザインしたいけど何を買えばいいか分からない…
と悩んでる人がいるなら、まずはIllustratorの購入をお勧めいたします!
今回はあくまで機能のひとつとして、「手書きをデータ化する」方法についてお伝えしましたが、
Illustratorの可能性は無限大!
本校でもグラフィックデザイナーを目指せる、
「グラフィックデザイナークラス」を今春から
開講いたします!
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください♪
▼講座の詳細はこちら▼
https://eventcopencollege.wixsite.com/opencampas

↑Photoshopもすごいやつなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA