コペンカレッジ

インタビュー

駆け出しのフリーランスにとって大切なものとは?平塚麻美さん(2/2)

  • インタビュー
  • キャリアデザイン
  • デザイナーデビュー
駆け出しのフリーランスにとって大切なものとは?平塚麻美さん(2/2)

 

デザインを学べば学ぶほど新たな疑問、悩みが…

 

新しいステージに立ったからこその悩みや苦悩ってありますよね。そんな時平塚さんはどのような行動をとりましたか?

 

平塚さん:そうですね。そんな時に支えになったのが、コペンの運営メンバーの方々の存在です。

コペンではSTUDYROOMという会員制のコミュニティがあり、そこではお仕事の紹介や、おすすめ本の紹介、お悩み相談室などが開催されています。

お仕事紹介は、集客が難しい駆け出しデザイナーにとっては本当にありがたいです。個人ではなかなか受注が難しいような企業さんの案件もあるので、とてもいい経験になりますし、運営メンバーの方がディレクターに入ってくれるので、デザインの指導もしていただけてスキルアップにもつながります。また、お悩み相談では、デザイン費の計算方法や個人で請け負った仕事で、「このデザイン大丈夫?」って思った時に、STUDYROOMで相談するとすぐに回答してくれます!

駆け出しのフリーランスにとって、「誰かに相談できる」という環境が整っているのは、とても心強いです。

また、ブランドデビューして1年ほど経って、ブランドの方向性に悩んでいた時にコペンカレッジでマイブランディング講座を受講。今まで本当にやりたいことってなんだろう、、?ってモヤモヤしていましたが、ブランディングを一から学び、講師の方に相談したことで自分のやりたいことが明確になりました。

今は自分の得意な写真とインスタグラムの世界観作りをデザインと掛け合せれないかと考えて世界観クリエイターとして活動を開始しています。自分がブランドを立ち上げたときにぶつかった壁が、ロゴやバナー、販促物などのビジュアルを整えること。デザイナーの私でさえ、一からデザインを整えてそれを発信していくのは手間と時間がかなりかかります。デザインができない個人事業主やオーナーさんのために、そのブランド(人)の世界観作りを写真とデザインと言葉で表現できるデザイナーとして活動開始しています。また、コペンカレッジではコペンメイトとして運営に関わらせていただいていて、STUDYROOMの運営やイベントの広報担当などを任せてもらいながら、勉強させてもらってます。

卒業後は元々やりたかった結婚式のアイテムに加え、様々な特殊媒体のデザインにも挑戦中

 

 

好きな場所で、好きな人と、好きなことをして生きるお手伝いを

 

様々な経験をした上で自分の強みや助けたいお客様像が見えて来た形ですね。これからチャレンジしたいことを教えてください。

 

平塚さん:もっと世界観を魅せるにはどうしたらいいか、、デザイナーとしてのスキルアップはもちろん、カメラ技術や加工・フォントや色の勉強などまだまだ勉強したいことがたくさんあります。SNSのマーケティングなども勉強してSNS発信代行や運営アドバイザーなどもまるっと請け負えるクリエイターになりたいと思います。そしてその得た知識や技術を簡単にわかりやすく人に伝えていく。世界観クリエイターとして、自分も「好きな場所で好きな人と好きなことをして生きる」女性になって、周りもこんな生き方ができるようになるお手伝いがしていけたらと思っています。

平塚さんらしさが現れた魅せ方の数々

同じような悩みを持つ女性をサポートしていきたい

 

最後にコペンに通おうか迷っている人に向けてのメッセージをお願いします♪

 

平塚さん:私はデザインに出会う前、一生看護師として生きていくと思ってました。けどずっとその生き方に疑問を持っていて、「何かしたい。けど何もスキルがない」とずっとモヤモヤしていました。デザイナーって美大出身の方や特別なセンスがある人しかなれない。しかももう30歳だし今更、、って。けど、コペンカレッジBridesmadeweddingに出会って人生変わりました。年齢や経験なんて関係なく、好きなことで生きるスキルを身につけることができるんだって思うことができました。正直、新しく何かを始めるのは勉強の毎日ですし、落ち込むこともたくさんあります。けど尊敬する講師の方々や一緒に頑張っている仲間に応援してもらったり、相談したりすることで「私にもできる」と思うことができます。最初の一歩を踏み出すかどうか。デザインのスキルは、どんなことにでも役立つスキルだと思うので、挑戦して欲しいと思います。

 

平塚さんありがとうございました。新しい一歩を踏み出そうとしている女性にとって大きなエールとなるメッセージでした。

 

平塚麻美さんのインタビュー前半へ>>

 

2/2

 

平塚麻美さんのホームページはこちら

instagram@asami.hiratsuka

instagram.com@_asami114_

 

 

書いた人

コペンカレッジ 千葉校校長

岩永 悠子(ゆっちー)

愛知県出身 名古屋学芸大学卒業。小さな頃から絵を描くことが大好きで 大学卒業後もデザイン会社や広告代理店などクリエイティブに携わる仕事を続ける。 出産後は復帰した職場でママとして、正社員でデザインに関わっていくことへの限界を感じ、フリーランスの道へ。 自分のように子供を持つママにもデザインする楽しさを知ってもらいたい! 仕事とも家庭ともうまく付き合える、輝くママ・プレママを増やしたい!という想いから千葉を拠点に精力的に活動中。

新着INFO

資料請求はこちら