コペンカレッジ

ライフ

在宅で仕事をするという選択 〜フリーランス一年生日記〜

  • デザイン
  • フリーランス
  • 在宅
在宅で仕事をするという選択 〜フリーランス一年生日記〜

会社を退社して、半年が経とうとしているところ、いろいろ振り返ってみると、2年前くらいの私には働き方の選択肢として、
フリーランスという働き方は全く候補にありませんでした。きっかけを作ってくれたしみちゃん(運営メンバー)には本当に感謝!
「働くこと = 会社に出勤して働く事 」が私の中でのイコールで、それ以外のことを考えようとも知ろうともしなかったのです。
むしろそれしかないと思っていました(/ _ ; )

というのも、周りにフリーランスで働いている人が全くいなかったので、テレビや本などでフリーランスという単語は聞いたことは
あったけど、全く自分に関係ない世界だ!と思っていました。何故なら、フリーランスは特別な選ばれた人しかなれないんじゃない
かと思っていたからです。笑 だから、働く中で何か引っかかる部分があっても、今いる環境で働くことしか選択肢がないから、
自分の中の引っ掛かりにも見て見ぬふりをして日々過ごしていました。

そんな中、高校からの友人であるしみちゃん(運営メンバー)が、フリーランスで働く事を聞き、それがきっかけで私もフリーランス
という働き方を自分の働く事への選択肢に入れる事が出来たのです♪しみちゃん、いろいろ教えてくれてありがとう!

そして、私もフリーランスとして、在宅で働くようになって一番思うのは、会社員時代より効率的に仕事が進められているということ!笑 今の生活は、自分で時間を全て管理できるし、管理できるからこそ、この時間からこの時間までに絶対終わらせなければ!
という追い込みができたり、集中しやすい環境を自分で作れるので、それもあって会社員時代より仕事をこなせている気がしています。

また、会社員時代は、私の出勤がゆっくりで帰りが遅く、家族と生活のリズムが違ったため、一緒に住んでいるのに、顔をあわせることが少ない日々でした。今は打ち合わせなどの外出以外は、家で仕事をするので、家族とも顔を合わせたり、ご飯を一緒に食べる機会が増えて、以前に比べて家庭内の雰囲気も良くなった気がします。やはり会話をすること・同じ時間を共有することはとても大切なことだと改めて実感しています!!!

早くもこの働き方を続けて、半年が経ち、今もフリーランスで働いていることを周りに話すと、ほとんど「どうやって働いているの?」「一人で仕事するの大変だね > < 」とよく言われます。確かに一人で仕事をしていくのは大変ですが、「在宅で仕事をする=一人で働くことではない」ということをこの半年で実感することができたので(この話はまた別の回でお話します♡)、仕事への感覚は会社員時代と変わりません!!!!!!!!!

だからこそ、会社勤めで働くのと同様に、在宅で働く事も働くことの選択肢の一つとして、当たり前の世の中になってほしいなと思い、これからもコペンでそんな活動をしていきたいと強く思う日々なのでした。続く・・・。

↑ 講師の方の働き方もチェック^^↑

書いた人

コペンカレッジ講師 Webディレクター

渡邉 奈保子(ナホ)

神奈川県出身。ヘアメイクの仕事を経験するもモノを作る仕事をもっと幅広く経験していきたいという想いから、現在はWEBデザイナーとして働いている。 ママや主婦になった友人や先輩達が、仕事面で多くを求められなくなる現実を目の当たりにしてきた中、自分を含め働き方に悩んでいる女性に対して、新しい働き方を考えるきっかけを作りたいという想いからコペンカレッジの講師として活動中。 女性でもキャリアを積んでいけるということを体現していく。

新着INFO

資料請求はこちら