コペンカレッジ

ライフ

家庭と子供を大事にしたいから、デザイナーを目指しました。

  • キャリアデザイン
  • ライフワークバランス
  • 子育て
  • 転職
家庭と子供を大事にしたいから、デザイナーを目指しました。

突然ですが、私は九州出身です。

そして父親は毎日残業も夜遊びもせず、毎日夕方5時半には帰宅し、土日は海や山に出かけるのが趣味、お小遣いが15,000円でもお釣りがくる、という九州男児。

母親はいつも家にいる専業主婦という家庭に育ちました。

父親はとても厳しかったので子供の頃は嫌いでしたが(笑)、それでも理不尽に怒られる事はなく(怒られる時はたいてい私が悪いw)、母親は常に優しく、姉は2人いますがいじめられたり使いパシリにされる事もなく(笑)、とても恵まれた家庭に育ったと我ながら思います。

そのせいなのか、私は「家」がとても大好きです。

家は、自分が還る場所。

嬉しい時も、悲しい時も、疲れた時も、どんな時も帰れる場所。

一番リラックスできる場所。

だから、人生において、何よりも大事にしたい空間だと思っています。

そして、自分が暮らす家に一緒に過ごす家族にも、もちろん幸せでいてもらいたい。

なので、専業主婦になりたいな、と思った時期もありました。

 

とはいえ、仕事もやりたい!!!

しかし大学を卒業し、普通に就職し、仕事をこなしていく中で、専業主婦になりたいという気持ちよりも、仕事が楽しいという気持ちがどんどん勝っていきました。やっぱり、自分が作り出す仕事で誰かが喜ぶ事は幸せで、その仕事で自分がお金をもらえて生きていける事も幸せで。仕事って楽しいですよね。

しかしその時の私の仕事は、化粧品会社の企画編集部で、毎日夜の10時になっても島の人間が誰も帰っていない、終電の概念がない(なぜならみんな自転車で帰れてしまう)、休日出勤したら全員いる、といった(笑)超ハードな職場でした。

月の残業時間が100時間を超えた事も。

あ、仕事は楽しかったので、それがストレスだったとか会社が嫌だったとかは全然なかったのですが^^

(むしろ大好きでしたが!)

 

しかし、その時思ったのです。

このままの働き方で、子供は産めないなぁ…。と

ちょうど会社で働き始めて3年を過ぎたあたりから、私は少しずつジョブチェンジの事を意識しだしました。

 

旦那との結婚が、働き方の転機に。

そんな中、今の旦那さんがずっと挑戦していた資格試験に合格し、とんとん拍子に結婚の話が決まり、そして彼と一緒に上京する事になりました。

そのタイミングで次の自分の未来像を描いた時に、「家庭にいながら仕事がしたい」というビジョンが鮮明に浮かんできたのです。

その時、自然と自分が目指す道として浮かんだのが「デザイナー」という道でした。

デザインの仕事だったら、PCとネット環境さえあれば家で仕事ができる!

さらに私が好きな「かわいい&お洒落な世界」の仕事ができる!

という事で、26歳で専門学校に入りなおし、今に至ります。

 

ついに、大事にしたい家族ができました。

前置きが長くなりましたが、実は今年、やっと新しい命を授かりました。

結婚して7年目、時間がかかりましたが、今日からやっと5ヶ月の安定期に入りました。なかなか子供ができず、でも「子供がいないならいないで、旦那と二人でも楽しい人生かな」と思っていた数年間。しかし「やっぱり子供が欲しい」という気持ちがふつふつと湧き、ついに不妊治療に挑戦。奇跡的に半年で授かる事ができました。

 

先日、なんども羨ましい気持ちで通り過ぎていた水天宮にて、安産祈願も済ませてきました^^

コペンカレッジは、単なるデザインスクールではなく、私が将来に向けて悩んだように「家庭と仕事を両立させたい」という女性のためのスクールです。

女性の人生のターニングポイントは色々ありますが、ここ数年活動して感じたことは、「結婚」よりも「出産」の方が明らかに大きなハードルであるということです。「子育てしながら働く」という事は、思っていた以上に大変です。

 

・睡眠時間がまともにとれない

・自分の自由な時間がない

・打ち合わせに行けない(ベビーカーでの移動の大変さ)

・打ち合わせに参加しづらい(子供が泣いてしまう)

・イレギュラーな事態が突然発生しスケジュールがずれる(熱や体調不良など)

・体調を崩しやすい(子供の菌をもらうループ)

 

これまでは、運営メンバーも通っている生徒さんも、どちらかというと独身やDINKSの人が多く、将来に向けてデザインを勉強している、という人が多かった印象ですが、ここ数ヶ月で一気に妊娠・出産する人が増え、コミュニティのあり方が根本から変わってきているな、と体感しています。

「家庭と仕事の両立」を楽しく叶えている団体を作りたい!

これまでも、「家庭と仕事の両立」を常にメッセージとして発信してきましたが、やはり私はこれまで子供がいなかったため、真の意味でママさんの気持ちになりきれていなかったと思います。

子供がいなくても確かに家事は大変ですが、しかし決まった時間に自分のペースで家事をこなせば、後の時間が全て自由な時間として使えます。仕事も好きなペースでこなせます。しかし、周りを見ているとママさんはそうではありません。基本的には自分の事は二の次。子供の予測不能な動きに目を配りながら、仕事をするという事は口で言うほど、生易しいものではないなと思うのです。

 

でも、皆、心の底では思っています。

「子供は愛情かけて育てたい、でも私は私で自由に働きたい!」

と。

今みんなが困っている状況であるならば、それを解決したい。子育ても、仕事も、どちらも楽しんでほしい。そして一人で苦しむのではなくて、みんなで支え合っていきたい。

 

コペンに集まっているメンバー全員が「家庭と仕事の両立を、楽しみながら実現できている団体」になることが、目下の私の目標になりました。そして何より私自身がその理想の生き方を実現させたい!!!だってそのためにデザイナーになったのだから!

初めての子育てなので、もちろん生まれてから、思い通りにいかない事や失敗する事もたくさんあるかと思います。

でもきっと、それらの失敗は、過去に誰かが通った道。

そして誰かがこれから通る道。

 

先日STUDY ROOMというクリエイティブな女子向けのコミュニティを公開しましたが、クリエイティブな情報を共有するだけでなく、結婚や子育て・ライフスタイルなど、そういう悩みもみんなで共有していきたいです。

「孤育て」という言葉が流行っていますが、子育ては本来一人でするもんじゃなくて、家族や地域と一緒に育てるのが普通だったんだし、さらにクリエイティブ好き女子がみんなで子育てしたら、きっと面白い子供が育ちそうな気がしませんか\(^o^)/?困った時は、みんなで解決したら良いと思う!誰もがもっと周りを頼っていいと思う!(というか、私が頼らせてもらいたいww)そんなコミュニティが育っていったら、本当に素敵だなぁと最近想像しています。

 

奇跡的につわりはほぼなく、今の所フルパワーで仕事をこなしておりますが、私もいつ何が起こるかわかりません!その時は、みんなを頼らせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします( ´ ▽ ` )ノ

 

↑ 女性クリエイターのためのコミュニティ「 STUDY ROOM」って? ↑

書いた人

コペンカレッジ代表理事 / 東京校校長

堀之内 千恵(よっぴー)

長崎県出身 可愛いものが大好き。九州大学卒業後、大手化粧品通販会社にて編集ディレクターとして働く。しかしデザイナーの夢を諦めきれず26歳で専門学校に入学し、卒業後フリーデザイナーに。 出産・育児によりキャリアを離れ、家庭と仕事の両立に悩む女性を多く見てきた中で、クリエイトするスキルを身に付けて、家庭も仕事も楽しめるキラキラした女性・家庭を増やしたい!という想いからコペンカレッジを立ち上げる。 「クリエイトする楽しさを知ってもらいたい」との考えから、一方的な授業ではなく和気藹々とした雰囲気で、楽しみながらスキルを身に付けてもらう授業が特徴的。

新着INFO

資料請求はこちら