コペンカレッジ

ライフ

フリーランスママになるアナタへ

  • フリーランス
  • ママ
  • ライフスタイル
  • ライフワークバランス
  • 個人事業主
  • 働き方
フリーランスママになるアナタへ

今年7月に息子を出産し、

ママになって4ヶ月

仕事を再開して1ヶ月

 

“フリーランスのママ”というちょっと特殊な立場になって

よかったなと思うことがある反面、

厳しいな、もっとこうしておけばよかったなと思うことも多々

ということで今回は、私がやっておけば良かったということも含めて

『ママになる前にやっておきたい5つのこと』をお伝えしていきたいと思います(^^)

これからママになるフリーランスの皆さんのお役に少しでも立ちますように♡

 

1,お仕事はなるべく産前に!

出産後はとにかく体力がなくなるのと、

生まれてきた赤ちゃんのお世話でいっぱいいっぱい

子どもが生まれて3ヶ月はほんとに仕事はできないと思っておいた方がいいです!

夜遅くまで仕事して朝はゆっくり起きる

仕事をしてちょっとコンビニに買い物に行く

インプットをするために本屋に行く

こんな今まで当たり前にやっていたができなくなりますw

 

それに比べ、出産前はお腹が大きくて動きづらさはあるものの

時間の使い方は自由!自分のペースで何でもすることができます!

無理はもちろん禁物ですが、やっておきたいことはやっておく

終わらせておきたい仕事は出産前に余裕をもって終わらせておくことをお勧めします!

↑ちなみにこれは産まれる3週間前、イベントに行った時の写真ですw

 

2,情報収集もできるだけ産前に!

フリーランスという方はおそらく産後も

なんだかんだお仕事をしちゃったり、自分の作品やPCを整理したり、

仕事に関することを調べたりしちゃうことが多くなると思います。

(私はまさにそうでしたw)

そう、子どもについて情報収集する時間ってないんですw

なのでできるだけ産前に子育てに関する情報は仕入れておくとよいと思います!

散歩がてら近所の子どもに関する施設に行ってみるのも◎

ただSNSには頼りすぎないようにしてくださいね!

 

3,旦那さんの協力を得ておく

フリーランスママにとって必要不可欠なのが

家族(自分の両親や相手のお義父さんお義母さん)や旦那さんの育児への協力です。

私が3ヶ月で仕事復帰できたのも周りの助けがあったからです。

とにかく何かあったら旦那さんに預けられるように、

子どもの世話は日頃から一緒にやっておくことをお勧めします!

(うちの旦那さんは基本オムツ替えからミルク、お風呂、寝かしつけ...全部できます)

あと、両親にもこまめに預けておくと、いざという時に安心して預けられます。

 

4,保育園や自治体の制度を知っておく

フリーランスの方は少なからず子どもを保育園に入れることを考えているはず。

ですが、都内の保育園の状況は厳しく、ある程度の条件をクリアしないと

入園することはできないといわれています。

私はもともと子どもをすぐ保育園に入れようとは考えておらず

せめて1歳すぎてからだろうとただ何となく思っていました。

が、実際に子どもが生まれていざ仕事をしようと思っても、

まとまった時間がとれないという現実に直面し、

急いで近所の保育園のことをバタバタと調べ始めた始末(笑)

こんな私みたいにならないように、皆さんはぜひ早めに

住んでいる自治体の保育園状況や必要な条件を調べてください!

見学も子どもが生まれる前に行っておいた方が落ち着いて見れますよ!

↑子連れはとにかく荷物が多くて見学も一苦労でした...

 

5,もらえるお金について調べておく

出産すると国からいくらかお金がもらえたり補助が出ます!

が、フリーランスとなると少しその内容が変わってくるので

市区町村からもらえるパンフレットなどをよく読んで確認してみてください。

(家族の状況によって補助の内容は変わってくるのでここでは詳しく書きません)

調べるのが大変な場合は旦那さんに代わりに調べてもらってくださいね!

申請を出すのはおそらく旦那さんなのでその方が効率的です♪

 

 

当たり前のようなことばかりかもですが、

言われないと意外と気づけないこともあると思いますので

ぜひぜひ参考にしてみてください。

 

フリーランスママ、いいですよ!

いろいろと書いてきましたが、私はフリーランスのママになれて

今は良かったんじゃないかなと思っています。

まず育児の合間に自宅でちょっとでも仕事ができるということが

私にとってはとっても良かったです。

育児しながら仕事なんて!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

育児から離れることで私にとっては良い気分転換になりましたし、

仕事が社会と自分を繋げてくれていたので

産後鬱になったり寂しいと思うことはほとんどありませんでした!

そういう意味で仕事ができる、すぐ復帰のできる

フリーランスというのはすごくよいと思いました(^^)

 

↑先日打ち合わせに行った時の1枚、子連れで訪問w

 

あと、最悪保育園に入れなかったとしても

やろうと思えばフリーランスは仕事ができます!

保育園見学の時に出会ったあるママは、

“保育園に入れなかったら今の仕事は辞めないといけないんです”

とおっしゃっていました。お休みが1年しかとれないため

それ以上とらなきゃいけないとなると辞めるしかないのだそう。

仕事を休んで子どもを産んで、それからまた仕事に復帰するために

子どもを預けようとしてるのに保育園に入れられなかったら会社を辞めないといけない...

矛盾は感じながらもそれが現実なのだと思いました。

フリーランスの自分にはまだ働くチャンスがある、

それがどれだけ幸せなことなのかを感じました。

 

フリーランスのママ

まだまだ世の中には少ないと思うけれど、

絶対ママの働き方としてはいいと思うんです。

でも言葉だけじゃなかなか伝わらないと思うので

私自身がこれから行動して皆さんにそれをお伝えしていきたいと思います!

子育ても仕事も楽しくっ♪

書いた人

コペンカレッジ 講師 / イベント企画

清水 温子(やぎちゃん)

東京都出身 現在花嫁修行中。 四大卒業後、専門学校にてデザインを学び、デザイナーとして働く中で、映像の仕事と出会い、現在フリーでビデオグラファー(映像クリエイター)、そしてウェディングデザイナーとして活動中。 結婚式のエンドロールムービーでは、大切な瞬間を切り取った写真と映像に定評を得ている。 “誰かを喜ばせたい!”ただひたすらにこの想いを持って、 1人で肩肘張らず、自分の得意分野で好きな人と夢を叶えていく働き方を、コペンカレッジ、そして「Brides Made Wedding」のプロデューサーとして動く中で実践している。

新着INFO

資料請求はこちら