初めての仕事ってどんな感じなの?「教えて!先輩」 vol.2

みんなの疑問をコペン内部クリエイターが回答する「教えて!先輩」、大好評につき第二弾!
どんな仕事を受けた?困ったことはあった?スムーズに仕事を受けるためにどんな準備が必要なのか先輩クリエイターに教えてもらおう!
 

Q1.今クリエイター何年目?

1年目  7.1%
2年目  21.4%
3年目  14.3%
それ以上 57.1%

今回もベテランの方が多いですが、1、2年目の駆け出し先輩クリエイターのほやほやな意見も参考になりそうですね!!
 

Q2.クリエイターとして最初の収入に結びつくまでにどれくらいの期間がかかった?

1ヶ月未満  40.0%
1ヶ月〜半年 46.7%
半年〜1年  6.7%
それ以上    6.7%

ほとんどの方が1ヶ月〜半年の間にお仕事を獲得していますね!前回のアンケートでお客様を取るためにどんな行動をしたか聞きましたが、短期間で結果にも繋がっているようです。
 

Q3.最初の仕事の受注先は?

友人・知人から       60.0%

知人の紹介         13.3%

企業・お店         6.7%

web・SNSからの問い合わせ 6.7%

クラウドソーシング     6.7%

講師の先生からの案件紹介  6.7%

友人知人からお仕事を獲得している方が大半でした。自分の出来ることを身近なところから発信していくことがお仕事の受注には効果的のようです!!友人からの口コミだとより信頼してもらえそうですね!
 

Q4.最初の仕事の受注内容は?

名刺        13.3%

チラシ、フライヤー 13.3%

バナー、SNS用画像 13.3%
イラスト      13.3%

パンフレット    6.7%

ホームページ    6.7%

ロゴ        6.7%

その他(結婚式の招待状、POP、お誕生日セット、割引券のデザイン、映像制作)26.7%

 
制作アイテムは皆さんそれぞれ。結婚式の招待状やお誕生日セット、映像制作など、自身の得意なアイテムを制作して収入に繋げている先輩が多いようです。
 
 

Q5.最初の仕事、納品までの制作期間はどれくらいかかった?

2週間未満   20.0%

2週間~1ヶ月 53.3%

1ヶ月~3ヶ月 13.3%

3ヶ月~半年  13.3%

それ以上    0%

制作期間がどれくらいになるか、お仕事を受けるにあたり考慮するポイントの一つですよね。内容にもよりますが1ヶ月以内に納品できるボリュームのものが受けやすいのかもしれません。
 

Q6.最初に受けた仕事で一番困ったことは?またそのエピソードを教えてください。

・こうして欲しいという指示が不明確だった 33.3%

“クライアントが漠然としたイメージしか無かったので、引き出すのが難しかったです”
“センスにお任せする!ということが多く(今もそこは多くある)、でも提案すると『ここはこうして欲しい』という意見があり、混乱することがある。”
“舞台のフライヤーのお仕事ですが、基本的に掲載する文言(日時、場所、タイトル)しか提示が無かったので、イメージを自分で膨らますのに苦労しました。またデザインに写真素材を使用しましたが、購入やクレジットの可否を調べたり連絡したりと仕事が増えて面倒だったので後悔しました(笑)”
“「何でも良い」というお客様で、あまり話を聞かずに提案すると、大体やり直しくらいの修正をもらうことがあります。結局はお金を払う以上、「何でも良い」はずがないです。初回の打ち合わせで好みの傾向と、どのような場面で使われるかなどじっくりお客様とすり合わせをしないと、後々の工程で終わりのない修正地獄に落ちいります。”
 
・要望がコロコロ変わった 13.3%
“最初は自信がなくて価格を値切られても応じてしまって、時給に換算するとめちゃくちゃ安い仕事をしていた気がします!”
 
・スケジュールがタイトだった 13.3%
“HP用のバナーの依頼を受けた。初めての仕事で舞い上がってしまい、すぐに納品できると約束をして自分で自分の首を絞めることに…。依頼された数が多かった為、思っていた以上に時間がかかりほぼ徹夜もして超ギリギリでの提出になった”
“日中は仕事しながらで、依頼があった仕事は納期も短かかったりしたので、睡眠時間が少なくなる事もしばしばだった。次の日の仕事がキツかった事も。”
 
・イメージを共有することが難しかった 13.3%
“イメージの共有をしていたがお互いにイメージの捉え方が違っていて、要望に応えることが難しかった”
“ロゴだったのですが、透過のことを考えていなかったりと分からないことだらけでした。ターゲットに合わせた提案というのも難しかった”
 
・特に困らなかった

“友人からの依頼だったので、特に困ったことはありませんでした”

“幸いな事に特に困らずスムーズに納品できた”

“講座受講中にブログヘッダーのバナー画像作成をしました!通学中だったので、先生にかなり相談しながら作ったため特に困った点はありませんでした。知人や友人からの案件だと、納期に余裕を持たせてもらえたり、デザインに対する率直な意見が聞けたりするので安心でした!”
 
・その他
“ソフトの使い方がまだ慣れておらず、制作に時間がかなり掛かった”

“価格設定に困った。「いくらで出来ますか?」という質問にうまく答えられませんでした”

 
初めての仕事は、何を聞いたらいいかも何を注意したらいいかも分からないことだらけですよね…。そのためクライアントの要望がうまく聞き出せなかったりスケジュールの調整ができないことで困った方が多いようでした。友人からの依頼だと融通がききスムーズに進められて良さそうです!
 

Q7.困った点を踏まえて改善したことは?

名刺
“最初に2.3パターンの提案を出すようにした。イメージの違いが分かり、これよりこっち!と選んでもらうと、共有しやすいと思いました”
“友達からの仕事よりも、それ以外の部分から新規の仕事を取れるように交流会やイベントなどに出て人脈を広げたり、友達に友達を紹介してもらったりしました(金額は伏せてね!と念押ししてww)また、自分だけだと自分のデザインの値段がわからないので、先輩や先生にデザインを見てもらって適正価格を教えてもらえた事は、自分の自身につながりました”
 
チラシ・フライヤー
“作品のイメージは前もって丁寧にヒアリングすること、先方のリクエストが少ない場合も自分のイメージから提案ができるようにデザインイメージのストックを増やす、素材提供がある場合をのぞいてメイン画像に写真を使うのは控える(笑)”
“初回の打ち合わせ時、画像や言葉を使ってのイメージやテイストの共有を時間をかけて行うことで修正回数が減りました”
 
バナー、SNS用画像
“とにかく相手の話を聞き、たくさん質問をしてイメージを具現化出来るようにして行きました。クライアントに寄り添う事や誠実さ、丁寧さ、不安を与えない事を心掛けています”
 
イラスト
“しばらくは思うままに続けてみること。徐々に感覚を手に入れて、自分の仕事の相場を知っていきました”
 
ロゴ
“何に使われて、ターゲットは誰で、このデザインでどんな結果が求められているのかを考えて制作するようになった”
 
POP
“とにかく案件をこなすことで精一杯で、クライアントの求めるものを100%表現できていなかったように思う。時間の管理をきちんとしていきたいと思い、余裕を持ったスケジューリングを心がけている”
 
お誕生日セット
“お任せと言われても、作業に入る前にこちらからある程度イメージなど提案してご了承頂くことも大事だと思った。聞かなきゃならない点を決めておいて、きちんと最低限のことは聞くことも大切だと感じた”
 
割引券のデザイン
“受注する前の段階で、修正回数やスケジュールについて確約するようにしました!”
 
映像制作
“会社からの委託業務だったのでわからないことは素直にその会社の社員さんに聞いて、ソフトの使い方をはじめいろいろ教わった!素直に伝えるのも大事!”
 
 
 
今回も、前回に引き続き先輩方の声を盛りだくさんで紹介しています。最初のお仕事は誰にでもあるもの!不安もたくさんあると思いますが、様々な経験を積んだ先輩クリエイターのアドバイスを元に自信を持って一歩踏み出してみましょう!
 
 
バックナンバーはこちらから!
>>「教えて!先輩」 vol.1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA