卒業生インタビュー:多田様

グラフィックデザイナークラス卒業 多田様

卒業生にインタビューをさせていただきました。コペンカレッジ旧コース「グラフィックデザイナークラス」卒業生の多田朋美さんにご登場いただきます♪

コペンカレッジに通う前と後で変化はありましたか?

全てが変わりました!物理的に自分がやりたかった事が出来るようになったのは勿論なんですが、妻、母、という立場に加え「一人の女性」としての生き甲斐を得られました。特に趣味も特技もなかった私の生活が楽しく明るい物になったんです。卒業してから半年くらいした頃に僅かですが収入を得られました。専業主婦になってから収入のなかった私には凄く大きな喜びでした。

コペンカレッジと他のスクールとの違いは何だと思いますか?

アフターフォローがとにかく手厚い!
卒業時にnobby先生が「自信がなくてもアウトプットする事が大切」と仰っていたのでSNSに作った物を地道にアップしています。コペンの方達がそれを見て褒めて下さったりアドバイスをして下さったりするのですが、これはコペンの方々の人柄だと思うので本当に他には無い最大の強みだと思います。アフターフォローが無かったらここまで成長出来なかったなぁとつくづく思いますし今後もデザイナーとして大きく成長していきたいのでたっぷり甘えさせえ頂く予定です。
また、勉強会やイベントも多いので、横の繋がりもどんどん出来ます。私はそこで出会った友人と毎月1回会場を借りてベビー向けのイベントを開催していて「私のやりたかった事はこれだ〜!」と毎月ワクワク出来て幸せです。

コペンカレッジをどんな方にオススメしたいですか?

全ての女性。まるで回し者のような言い方ですが本当にそう思っています。
女性は結婚出産育児があるので会社で思うように働けなかったり通勤で疲れてしまったり本領を発揮できない事があると思いますがフリーランスで収入を得られるようになればタイムカードを押す必要も無いので自分の好きな時間に仕事が出来ます。
また女性はみんな「カワイイ」物が好きです。「カワイイ」は一概に言っても色んなカワイイの世界観がありますから、仕事がなくなる事はまず無いと思います。デザイナーは好きに特化したもの勝ち、自分の好きをどんどん伸ばせば良いのです。こんなにワクワクする世界を私は他には知らないので、今後も私は自分の好きを伸ばし続けてデザイナーとして成長したいですし、多くの女性の中に秘めているデザイナーとしての価値を是非世に出して行けたら素敵だなと思っています。

ご家族との関係に変化はありましたか?

お子様

息子はまだ2歳なのでよく分かってはいませんが、家の中にアートが増えたりお祝いの席では私が作ったオリジナルポスターや飾りなどがあるので華やかになるのは楽しそうです。息子が大きくなったらIllustratorを伝授して彼の可能性を広げてあげたいですね。息子は私のブランドのロゴが息子はお気に入りの様子なので嬉しいです。ちなみに私がコペンに通っていたのは息子が1歳の時で家族に息子を預けて通う必要がありましたが、それも5日間だけだったので家族も快く協力してくれました。

ご主人

コペンに通いたいと思ってから夫を説得するのにはとても時間がかかりました。収入の多い家庭ではないのでレッスンの費用を出すことと、三日坊主の私に続くのかと懸念していたのだと思います。
カワイイクリエイターフェスのコンテストへ出展したのですが夫と2歳の息子が見に来て、私のやりたい事や目指していることを理解してくれて、そこから応援してくれるようになりました。

自らケーキ屋さんに営業に行くというガッツのあるともみさん!!いつも積極的にスキルアップに取り組んでくれて本当に嬉しいです!これからも共に成長していきましょう^^