コペンカレッジ

スタディー

素人からグラフィックデザイナーへ♪ Copen夏のオープンキャンパス♡♡

  • オープンキャンパス
  • グラフィックデザイナークラス
  • 女性の働き方
素人からグラフィックデザイナーへ♪ Copen夏のオープンキャンパス♡♡

こんにちはー!コペン代表のよっぴーです^^

先日8月半ばに、コペンカレッジ夏のオープンキャンパスを実施しました( ^ω^ )!

今回も素敵な方々がお越しくださいましたよ〜!

 

今回のオープンキャンパスでは、もともと予約してあったはずのスペースがこちらの手違いで予約できてないということが当日の朝発覚し(驚愕)、そこから全力でレンタルスペースや貸し会議室を探し(土曜日だったもんで、問い合わせ先が全く繋がらなくて大変( ;  ; ))、やっと見つけたスペースに、タクシーで全員移動するという強行手段をとりました(汗)。

そのため、今回は、なんと地べたに座るタイプのスペースで、なんだかすっごくアットホームで新しい雰囲気で(笑)オープンキャンパスが進められました。

最初はまず私から、コペンカレッジの全体的な説明をば!学校説明では、コペンカレッジのコンセプトや他のスクールにない学校の特徴などお話させていただいています♪( ´θ`)

第2部では、それぞれ各コースの詳細説明。次回第3期のメイン講師を務める予定の内海さんから、Copenクリエイターコース・グラフィッククラスの説明があります。

お次は実際に、Illustratorに触ってみるプチ体験♪みんなでバナーを作りました( ^∀^)!!!!

最初はおっかなびっくりの様子だった生徒さんも、だんだん扱いに慣れてきて、最後には「イラレってもっと難しいものだと思ってました!結構簡単なんですね!」と言ってもらえました( ^ω^ )これは嬉しい!

最後は、実際に同じ講座を受講した第1期生の先輩に、講座を受けてどうだったか、卒業後どんな仕事をしているか話をしてもらいました。彼女は、すでに先日開業届を提出し、今ばりばり自分のブランドを考えている最中で、お仕事もいくつも請け負っていて、まさに理想の先輩( ´∀`)!ポートフォリオなど見せてもらって、参加者の方も興味津々のようでした♪

 

おかげさまで、もう第3期になるグラフィックデザイナークラス^^

今回のオープンキャンパスでのコース申し込み率、なんと66%!!!!

これは、かなりの数字です( ;  ; )!う、嬉しい!!!

朝にあんな大ポカをやらかしたのに、参加者の方、みんな嫌な顔一つせずに応じてくださり、本当に天使かと思いました。

 

オープンキャンパスに参加してみてどうだった?リアルな感想公開!


 

イベントの際には最後にアンケートに記入していただくようにしているのですが、嬉しいお声を一部紹介させていただきます♪

 

とっても親切だなと思いました。これなら、続けられそうかも…。(29歳・ライター)

実際に活躍されている方がいて勉強してみたい気持ちがでました。(26歳・会社員)

チャレンジしてみようと思えてよかったです。(38歳・会社員)

来てよかったです。渡航してからの「働き方」や「じぶんらしく生きる」ということのイメージがわきました。(41歳・事務)

 

などなど、素敵な感想をたくさんいただきました( ^∀^)!

女性の働き方を変えたい!と活動しているコペンカレッジ。今回も「子供が生まれて部署が移動になったけど、私がやりたい仕事じゃない」「夫の海外転勤についていく事になったけど、海外でもちゃんと自分の仕事をしたい」など、様々な「女性の働き方」へのお悩みをお聞きしました。

 

デザインの世界なら、それらを解決することができます^^

それに、仲間や先生が卒業してからもずっとフォローしてくれるから、一人じゃないので安心です♪

 

第3期生の授業は9月8日スタート!!

それぞれ期ごとにカラーがあるから、第3期がどんな雰囲気になるのか、これから楽しみです\(^o^)/

オープンキャンパス後は、参加者含めみんなでランチに行きました♡

こういう何気ない話をする時間を共有するのも大事\(^o^)/!

 

↑ 記念すべき第1期の講座の様子はこちら!↑

 

書いた人

コペンカレッジ代表理事 / 東京校校長

堀之内 千恵(よっぴー)

長崎県出身 可愛いものが大好き。九州大学卒業後、大手化粧品通販会社にて編集ディレクターとして働く。しかしデザイナーの夢を諦めきれず26歳で専門学校に入学し、卒業後フリーデザイナーに。 出産・育児によりキャリアを離れ、家庭と仕事の両立に悩む女性を多く見てきた中で、クリエイトするスキルを身に付けて、家庭も仕事も楽しめるキラキラした女性・家庭を増やしたい!という想いからコペンカレッジを立ち上げる。 「クリエイトする楽しさを知ってもらいたい」との考えから、一方的な授業ではなく和気藹々とした雰囲気で、楽しみながらスキルを身に付けてもらう授業が特徴的。

新着INFO

資料請求はこちら