コペンカレッジ

スタディー

未経験から3ヶ月でグラフィックデザイナーにキャリアチェンジ!第8期・卒業発表♪

  • キャリアチェンジ
  • グラフィックデザイナークラス
  • デザイナー
  • 卒業発表
未経験から3ヶ月でグラフィックデザイナーにキャリアチェンジ!第8期・卒業発表♪

先日、Copenクリエイターコース・グラフィックデザイナークラス8期生が最後の授業を迎えました。今回の8期から、講座の最後に「卒業発表」の機会を設ける事になり、この日はそのプレゼンテーション日です!

 

お題は「ブランドデザイン」

 

オリジナルで一つ架空のブランドを企画してもらい、そのCIデザインをしていただきます。(※CIとはCorporate Identityの略で、企業として必要なデザイン一式を作る事をCIデザインと呼びます。)

今回はロゴ、名刺、封筒、チラシをそれぞれ制作していただきました!

一人ずつ、提案書を元に自分のデザインについて発表していきます。

彼女の作ったブランドはこちら。「SEASONING Design(シーズニングデザイン)」。SEASONINGとは「調味する」という意味。クライアント様のご意向に沿いつつそこに少しスパイスを加え、『一味違う』デザインを提供したい!という意図が込められています。

 

「調味する」というコンセプトから、鍋にスパイスを投入している形をロゴマークに採用。スパイスの形はSEASONING、そしてお名前の頭文字である「S」を表現しています。

 

3ヶ月前まではIllustratorもPhotoshopも触れなかった受講生の方々が、トンボをきちんとつけた入稿データをきちんと制作、コンセプトを含めたブランディングが出来るようになりました( ´ ▽ ` )ノ!

 

自身も女性グラフィックデザイナーである講師陣から一人一人講評が!

コペンカレッジの講座ではスキルを教えてくれるメインの講師の方と、生徒のフォローをするアシスタント講師がいますが、今回の卒業発表では8期をずっと支えてくれたNobby先生、斎藤先生、床波先生が一人ずつ発表を聞き、講評をしてくれました。

一人ひとり個別に、授業態度や作りたいものについての感想やアドバイス、そして卒業後の過ごし方や活動の仕方に至るまで熱くご指導いただきました!

講評を聞く生徒さんも真剣な表情です。

 

これから新米グラフィックデザイナーという新しい道へ。

全員の発表と講評が終わり、無事に卒業証書が授与されました。これでまた新しいグラフィックデザイナーがコペングループに仲間入りです!

今回の卒業発表には、次の9期生を受講希望の方も聴講に来ていただきました。

ランチの時間があったので皆様のお話を聞いていたのですが、「コペンカレッジのホームページを見て、私もこんな働き方がしたいと思いました」「私のための学校だ!と思いました」という言葉をお聞きしてとっても嬉しかったです!

 

世の中には「女性のためのデザインスクール」が増えてきました。そんな中「色々なスクールを検討したけど、コペンさんが一番良いと思った」と言ってもらえるのは、何者にも代え難い喜びです^^!これからもそうやってコペンを選んでくれる女性がもっともっと増えるように活動を頑張りたいと思いました。

この日はなんと東京が初雪を観測したとーーーっても寒い日でしたが、皆様のおかげでほっこり素敵な気分の1日になりました♪

新しくCopen認定デザイナーとなった卒業生のみんな、これからどんどん新しいグラフィックを作って楽しいデザイナーライフを満喫してくださいね〜!

 

↑ グラフィックデザイナー1年目ってどんな感じ!?先輩が答えてくれました!↑

書いた人

コペンカレッジ代表理事 / 東京校校長

堀之内 千恵(よっぴー)

長崎県出身 可愛いものが大好き。九州大学卒業後、大手化粧品通販会社にて編集ディレクターとして働く。しかしデザイナーの夢を諦めきれず26歳で専門学校に入学し、卒業後フリーデザイナーに。 出産・育児によりキャリアを離れ、家庭と仕事の両立に悩む女性を多く見てきた中で、クリエイトするスキルを身に付けて、家庭も仕事も楽しめるキラキラした女性・家庭を増やしたい!という想いからコペンカレッジを立ち上げる。 「クリエイトする楽しさを知ってもらいたい」との考えから、一方的な授業ではなく和気藹々とした雰囲気で、楽しみながらスキルを身に付けてもらう授業が特徴的。

新着INFO

資料請求はこちら